恋愛と青春を取り戻すナンパ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

病院の中で、ぴゅっ、ぴゅっ、ぴゅっ!!!

某日

出会い系サイトで知り合った看護士の女性の勤務している産婦人科医院に行って来た。
目的は、精液検査と感染症検査だ。
両方とも初めてのこと。
検査もちょうどいい機会だと思う。
正常なら、その看護士ともセックル出来る可能性が上がるし。
病気の確認も出来るし。

個室に入って精液を採取する。
個室の中にエロ本がおいてあるが、古くて、人妻特集のエロ本もある。
患者さんに看護士が
「エロ本が古いんですけど。」
と文句を言われたそうだが、確かにうなずける。
まさに昭和の時のエロ本だ。
漫画喫茶のシングルルームの様相で、リクライニングシートが置いてある。
棚にエロ本が15冊位。
その日は寒かったので、ヒーターを入れて、ボトムスとパンツを脱いで、そのエロ本を見ながら、

しこしこしこしこ!!!
しこしこしこしこ!!!
しこしこしこしこ!!!

ぷゅっ、ぷゅっ、ぷゅっ!!!


病院内で初めて射精した。
俺が中学生の時は団地に住んでいたので、良く使ったオナニー場所は区役所のセンターのトイレだった。
ただ射精するのが目的だから、好きなアイドルのあわびの形を想像し、
自分のシャウエッセンがそのあわびの中に挿入されて、
ピストン運動し、射精する時に実際に自分も射精する感じだ。
病院での射精は初めてだった。

採取された精液量は1.3ml。

精子濃度は1500万/ml以上が正常値のところ、自分は22000万/ml、
→正常値の14.6倍!!!

運動率は40%以上が正常値のところ、自分は60%。
→正常値の1.5倍かつ20%アップ!!!

モニターで俺の精子が活発に動いている様を見せてもらった。
この精子と女性の卵子が結合して、元気な赤ちゃんが産まれて来るんだな!!!
結論は、俺の精子はめちゃくちゃ元気で量も非常に多いと言うこと。
これからもたくさんの女性を妊娠させることが出来て、たくさんの子供を産ませることが出来ると言うこと。
このことを知っているだけで、気が楽になる。
せっかく結婚出来たのに、子供が出来ないと言う心配は全くいらなくなったから。

約1週間後に血液検査の結果がわかる。
この血液検査では、
B型肝炎、C型肝炎、梅毒、HIV
にかかっているかどうかがわかる。
今の医療では、HIVにかかっている親から生まれた子供でも、HIVを遺伝させないように出来るとのこと。
医療の進歩はすごい!!!

このような精液検査や感染症検査は、ナンパ師は一度はしておいた方がいいだろう。
費用は、

精液検査 2000円
感染症検査 7000円
合計 9000円(別途消費税)


産婦人科医院で検査出来ます。^^
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。